千葉市のプロ家庭教師 ”大志ブログ”

各教科の勉強法、私の日常、これまで「どう生き」家庭教師になったのか等を綴ります

総まとめ【高校入試対策】夏の勉強法~社会


こんにちは。
家庭教師の、大志 と申します。


本日もブログをご覧いただき、ありがとうございます。


いよいよラストの5教科目、社会の「夏休みの勉強法」をお伝えしていきます。


今回も、千葉県公立入試に関して言及いたしますが、社会の勉強法のアドバイスもございますので、他都道府県のみなさまもぜひご覧くださいませ。




※おすすめの教材に関しては、書店等にて生徒様・保護者様が内容を確認の上、ご購入くださいませ。ご購入後の効果に関しては、個人差がございます。ご購入や効果に関する責任は、当方は負いかねますので、予めご了承ください。





1 「社会」という科目


今夏、社会の得点を上げるためにするべきことは…
「全内容を、もう一度学習し直す」です!!


最後の最後でこのアドバイス、大変申し訳ありません。
しかし、社会のために これだけ連続して集中できる時間を取れるチャンスはありません。


「社会は、秋以降やればいいじゃん♪」と思っているみなさん、それでも点が取れた時代が確かにありましたが、今は違います。後ほど詳述しますが、千葉県公立高校入試では、平成30年 前期選抜では、社会の平均点が最も低く、また私が学生のときと違い、高得点が取りにくい科目となっています。


最後の最後に集中して詰め込める方もいますが、社会を普通~得点が取れる科目にするには、この夏の学習が欠かせません!!



1-1 千葉県公立入試問題分析


最終日も、敵を知ることが大事



千葉県公立高校の入試を分析しましょう!


 平均点
平成30年【前期】 52.9点 【後期】 56.0点
平成29年【前期】 53.8点 【後期】 61.6点


問題
平成30年【前期選抜】


大問1 千葉県に関する問題 4題(12点) 【3分野】
大問2 日本地理      5題(15点) 【地理】
大問3 世界地理      5題(15点) 【地理】
大問4 前近代       5題(16点) 【歴史】
大問5 近現代       5題(15点) 【歴史】
大問6 経済        4題(11点) 【公民】
大問7 政治        3題(10点) 【公民】
大問8 国際        2題(  6点) 【公民】


理科同様、各分野バランス良く出題されています。


出題形式は全33題中、 記号選択 22題 、記述 10題 (語句:6題、語句指定説明記述:2題題、説明記述:1題、年代並べかえ:1題)、時差計算問題 1題 でした。


対策


この夏、社会は学校で習った範囲、すべて復習するのがよいと考えます。
その中でも、出題されることが多い、力を入れるべき内容をお伝えします。


・地理分野 地形図の読み取り、時差計算
・歴史分野 近現代史(幕末以降)
・公民分野 日本国憲法、三権分立、選挙制度



プラスUP!!


「社会でライバルに差をつけたい!」みなさまへ、ワンポイントアドバイス


・地理分野 「地図帳のあらゆる線」→赤道、緯度、経度、本初子午線…の位置
・歴史分野 「文化史」→『飛鳥文化』など文化に関する事柄
・公民分野 「経済のしくみ」→社会保障、財政、金融政策、銀行、流通…



1-2 自宅学習~動画授業の有効活用


次は、「社会をどのように勉強するか」です。


できることなら、夏の最後まで集中し、教科書を読みこみ、学校の問題集を解き、地図帳も開いて確認する→翌日、間違えた問題を解き直す……学校から与えられている教材をフル活用し、しっかり繰り返しやり切れば、定着率は上がると思います。


しかし、この繰り返しに自宅学習のみなさんが、心が折れそうになるならば…




スタディサプリなど動画授業を利用するのも、一つの学習法だと思います。
自分で教科書を読み、理解して、問題を解くだけより、プロの講師の言葉を聞き
「へえーー。そうなんだ」と感じることがより定着につながると考えます。


私も特に社会は、動画授業は有効だと思っています。
私と家庭教師の契約を結んでいただいているご家庭には、スタディサプリではないですが、月額0円見放題で、中学3年間の内容を網羅した動画を提供しています。



私は、これまで家庭教師をしているときも、個別指導塾に勤務していたときも、
「夏期講習の社会の指導をもっと良いものにできないか?」と考えていました。


悩んでいた理由は、生徒さんが社会の問題を解けないので、1から説明をしなくてはいけない。それで時間が過ぎ指導時間は終わり、定着を確認するための問題演習が宿題にまわってしまう(「問題をどう解いているか」をみたいのに…)ということが多かったのです。


動画授業を利用し、事前に学習範囲の動画を見てきてもらい、貴重な個別指導の時間を定着の確認、そしてプラスαの知識を提供できるようになりました。


さらに効率よく、動画授業で理解を深めるためのアドバイスです。


手順
① 今回、動画で見る内容の範囲の教科書を読む
② ↓のような「まとめノート」を準備し、こちらの範囲も確かめる
  ※ 「まとめノート」にある空欄は先に埋め、軽く目を通しておきましょう。

中学歴史 (テスト前にまとめるノート)
中学歴史 (テスト前にまとめるノート)
学研プラス

③ 動画スタート
④ 動画を見て「まとめノートに書いていない」ことがあれば追加で書き込む
⑤ すべて終わった後、「まとめノート」をもう一度丁寧に読む


そして、「まとめノート」を、1日後、3日後、1週間後、2週間後、1ヶ月後、3ヶ月後…と読み返すと、内容が定着していきます。



2 総まとめ~夏を制する者は…


受験を制す! です。


夏に正しい学習をし、11~12月に結果が出始め、合格を勝ち取った生徒たちを私はたくさん見てきました。秋ごろ一気に偏差値5~10ポイント上がった生徒さんは、夏期講習中、塾では授業時間が終わった後に自習もして、宿題や自分の課題を進めていました。


勉強は「コツコツ毎日進めれば、結果が出るもの」だと、私は信じています。


みなさんが、ご自宅で、塾で、毎日自分の未来のために学習を進められるよう応援しています!!




千葉県公立高校入試 5教科合計点 平均 (参考)
平成30年【前期】 294.3点 【後期】 290.9点
平成29年【前期】 276.1点 【後期】 306.9点



2-1 模試を受けよう!!


この夏の成果は、8月や9月に出ることは少ないです。本気で勉強したその結果は、3~4ヶ月に出ることが多いと私は思っています(個人差がございます)。しかし、目標との距離を感じること、勉強したことを試すこと、「ここはできたけど、ここはできなかった」などと分析することが、真剣勝負の模擬試験でできます。


自宅学習のみなさんも、8月や9月にご受験されることをおすすめいたします。



千葉県公立入試を目指す方は、以下の模試を受験されることが多いです。
千葉県高校入試情報 | 千葉県高校受験対策なら、総進Sもぎ[総進図書]


Vもぎ|Vもぎの進学研究会がお届けする情報提供サイト 進研スタディーサイト|進学研究会


2-2 5日間ありがとうございました!


7月16日から人生で初めてブログを始め、まず「夏の勉強法」というシリーズを書き終えました。「夏休みが本格的に始まる前に、何とか伝えたい!」と思い進めてきました。ブログの書き方が未熟で、読みにくい点が多く、大変申し訳ありませんでした。


今後もブログを続けます。ブログ初心者の私も、毎日コツコツ勉強して、良いブログが書けるようがんばります!!受験生のみなさん、ともにがんばろう!!




【高校入試対策】夏の勉強法~英語 - 千葉市のプロ家庭教師 ”大志ブログ”


【高校入試対策】夏の勉強法~数学 - 千葉市のプロ家庭教師 ”大志ブログ”


【高校入試対策】夏の勉強法~国語 - 千葉市のプロ家庭教師 ”大志ブログ”


【高校入試対策】夏の勉強法~理科 - 千葉市のプロ家庭教師 ”大志ブログ”






ここまで長文、そして5教科の勉強法をご覧いただき、ありがとうございました。



受験生のみなさまにとって、有意義な夏になるよう、遠くから祈っております。
そして、
みなさまが今年の夏を、来年の今頃やこの先に振り返ったとき、「あの夏に頑張ったから『今』がある」と思えるような夏になるよう応援しています!!




↓この記事がお役に立てたら、「応援」のポチッをお願いいたします


にほんブログ村 教育ブログ 家庭教師へ
にほんブログ村




本日はご覧いただき、誠にありがとうございました。



この記事に関する
ご相談、ご不明点やご質問、ご意見は、コメント欄、またはメール、LINEにてお気軽にお問い合わせください。
※指導中のため返信が翌日以降になることがございます。また、こちらから深夜に連絡することは控えさせていただいております。ご容赦くださいませ。



にほんブログ村 受験ブログ 受験勉強法へ
にほんブログ村


ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー


現在千葉県を中心に、ご家庭訪問やSkypeによる学習指導のご依頼を承っております。



夏期講習のみのコースも、7/31(火曜日)まで募集中です。


無料相談、無料体験指導も随時行っております。
※お申込みは先着順のため、キャンセル待ちになる場合がございます。
 あらかじめご了承くださいませ。



ご興味を持たれましたら、下記までお早めにお問い合わせください。



ホームページ



→「家庭教師プロジェクト」の概要(指導方針、入会までの流れ、ご料金 等)、
  筆者:大志の「特長」「経歴」「生徒様・保護者様の声」もございます。



フリーダイヤル : 0120-195-060 ( 受付時間 月~日 11:00 ~ 23:00 )
mail : ht@assist-education.net
LINE ID : ht-assist


×

非ログインユーザーとして返信する

あと 2000文字

※は必須項目です。