千葉市のプロ家庭教師 ”大志ブログ”

各教科の勉強法、私の日常、これまで「どう生き」家庭教師になったのか等を綴ります

【高校受験・英検対策】英文法基礎1~簡単例文から始めよう!


こんにちは。
家庭教師の、大志 と申します。


ブログをご覧いただき、ありがとうございます。


受験生のみなさん、8月に入りましたね!
学習は順調に進んでいますか?


今回は、中学3年間で習う英文法を学年問わず、ひとつのテーマでまとめます。



中学3年生のみなさんだけでなく、中学1・2年生のみなさん、英検3・4・5級合格を目指す小学生のみなさんにも、予習・復習などご参考になったら幸いです。



※ この記事も学習の「きっかけ」になることを目指しています。
英文法を身近に感じていただき、問題集などに取り組んでいただけたら嬉しいです。




今日と明日のテーマは、昨日の「動詞ベスト10」で1位に輝いた
『be動詞』です!!





1  be動詞の種類


まずは、文中にbe動詞を探しましょう!


「be動詞の文なのか」
それとも「それ以外(一般動詞)の文なのか」見分けることが重要です。



be動詞とは、


原形        be

現在形       am 、are、is

過去形       was、were

過去完了形     been

ing形(現在分詞形)  being


意味(現在):~です、~だ、いる、ある


be動詞の文とは、am、are、is、was、were
をふくむ文と、今は理解しておきましょう!



2 be動詞の文たち


英文法を考えるスタートは、肯定文です。


He is a teacher.


意味は、「彼は先生です。」




次に、
否定文
He is not a teacher.


意味は、「彼は先生ではありません。」


be動詞の否定文の作り方


be動詞の後ろに、not をおく

省略形として、isn’t (= is not) があります。



続いては、 疑問文
Is he a teacher?


意味は、「彼は先生ですか。」


答え方として、「はい、そうです。」「いいえ、ちがいます。」


Yes,he is.  か  No,he isn’t.


be動詞の疑問文の作り方


be動詞を主語の前におく

「?」マークをつける

「Yes」「No」の後ろに、「カンマ(,)」忘れない!!



3 be動詞の文を過去形に


前章で扱った肯定文
He is a teacher.
意味は、「彼は先生です。」現在(今)のことを書いたものです。



この文を、過去(昔)にあったことにしたいときを紹介します!


意味は、「彼は先生だった。」 いずれ私もそういわれる日が…


be動詞を、過去形にする


be動詞 am と is → was

     are     → were


肯定文 He was a teacher.


否定文 He was not a teacher.


疑問文 Was he a teacher?


Yes,he was.  か  No,he wasn’t.



過去形になっても、ルールは同じですね!!




上記のような例文で文の扱い方を理解し単語量を増やせば、解ける問題、書ける英文は無限に広がります!
明日も今日の基本を利用し、「be動詞をふくむ文」を紹介しますね!





↓ この記事がご参考になったみなさま、「応援」のポチッとをお願いいたします。
毎日記事を書く「励み」になります!


にほんブログ村 教育ブログ 家庭教師へ
にほんブログ村





本日はご覧いただき、誠にありがとうございました。





ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー


千葉市を中心に、ご家庭訪問やSkypeによる学習指導のご依頼を承っております。



無料相談、無料体験指導も随時行っております。
※お申込みは先着順のため、キャンセル待ちになる場合がございます。
 あらかじめご了承くださいませ。






フリーダイヤル : 0120-195-060 ( 受付時間 月~日 11:00 ~ 23:00 )
mail : ht@assist-education.net
LINE ID : ht-assist




p>

×

非ログインユーザーとして返信する

あと 2000文字

※は必須項目です。