千葉市のプロ家庭教師 ”大志ブログ”

各教科の勉強法、私の日常、これまで「どう生き」家庭教師になったのか等を綴ります

【2020教育改革】プログラミング教育とは、


こんにちは。
家庭教師の、大志 と申します。


ブログをご覧いただき、ありがとうございます。



2020年といえば……



東京オリンピックが開催されます!!(2年切りましたね!?)


そして、小学校では、新学習指導要領が「全面実施」となり、
翌年1月には、「大学入学共通テスト」(現:高校1年生~)が実施される予定です。


教育改革 のはじまりが近づいてきています。



本日は、小学校で必修化される「プログラミング教育」に関して、
あさ出版『子どもの才能を引き出す最高の学び プログラミング教育』(石嶋洋平さん 著、安藤昇さん 監修)を参考にさせていただき、「プログラミング教育」を知るきっかけとなればという思いで記事を書きました。






1  なぜプログラミング?


筆者の石嶋さんは、株式会社ミスターフュージョン代表取締役、プログラミングスクール『プロスタキッズ』の代表をされています。


著書の中で、「プログラミング教育」が必修化される理由として、

1 IT人材の育成

2 プログラミング的思考の育成

を挙げられています。



「IT人材の育成」に関して。
IT人材が、2030年に40~80万人不足すると、経済産業省の「IT人材に関する調査」(2016年6月)において、予測されているそうです。


また、日本だけでなく、世界的にプログラマー不足の傾向にあるそうです。



ここまで読むと、「プログラマーを養成するため?」
と思われる方も多いと思います。



私も当初そう思っていましたが、昨年参加した朝日新聞社主催のフォーラムにおいて、
文部科学省の鈴木寛さんから「小学校で必修化するのは、『プログラミング的思考』の養成が目的である」というお話を聞き、納得しました。


もちろん、小学校からプログラミングを学習することで、ITに興味を持ち、プログラマーを目指す若者は現在より増えると思います。
ただ、みんながみんな目指すわけではありません。


そこで、次の章では、『プログラミング的思考』とは何かについて書きます。



2 プログラミング的思考とは?


文部科学省「小学校段階におけるプログラミング教育の在り方について」の中で、

「プログラミング的思考とは、自分が意図する一連の活動を実現するために、どのような動きの組み合わせが必要であり、ひとつひとつの動きに対応した記号を、どのように組み合わせたらいいのか、記号の組み合わせどのように改善していけば、より意図した活動に近づくのか、といったことを論理的に考えていく力である。」

と記されています。また、「職業・職種に関わらず、時代を超えて普遍的に求められる力」とも記されています。



石嶋さんの著書では、

プログラミング教育でプロセスを学習することにより、物事を論理的に考えたり、目的を達成するための手順を明確に描いたり、知識や情報を整理したりする力が身に付きます。

と述べられています。



私は家庭教師として、「一方的にこちらから話さず、自分の力で考えてもらうように」気をつけています。また、生徒さんから私に「どう解いたかの手順」を説明してもらうときに論理が『矛盾しないようにね』と伝えています。


しかし、低学年の生徒さんであると上手くいかないときもあります。プログラミングを使って低学年からこのような力を育成できることを、非常に良いことだと私は思っています。



次の章では、小学生が扱う「プログラミングとはどのようなものか?」をご紹介します。



3 プログラミングにアルファベットが不要?


私は「プログラミング」と聞くと、
たくさんのアルファベットを打ち込むんだ!と想像してしまいます…



現在、小学校で導入が検討されているプログラムが ↓ です。



こちらは、マサチューセッツ工科大学のメディアラボチーム「ライフロング・キンダーガーデン」がつくったフリープログラミングソフトです。


私も先ほどアクセスしました……まだまだよくわかっておりませんので勉強します!



難解なプログラムを打ち込むのではなく、キャラクターへの指示のブロックを組み合わせて、キャラクターを思い通りに動かすゲームのようなもののようです。


これだったら小学生が楽しみながら、取り組めると感じました!



「プログラミング教育」の内容が、「他の科目の学習にどんな良い影響を与えるか」
今から楽しみでなりません!!






ここまでご覧いただき、誠にありがとうございました。


私が書いた内容は、「プログラミング教育」に関するほんの一部です。詳しく知りたいみなさま、ご興味をもたれたみなさまは、石嶋さんの著書をぜひご覧ください。



子どもの才能を引き出す最高の学びプログラミング教育
子どもの才能を引き出す最高の学びプログラミング教育
あさ出版
2018-07-01







↓ 子どもたちの未来の姿も考えるため、日々私も学習しております。
このような家庭教師もいいね!と思われたみなさま、「応援」のポチッとをよろしくお願いいたします。


にほんブログ村 教育ブログ 家庭教師へ
にほんブログ村





本日はご覧いただき、誠にありがとうございました。


ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー



千葉市を中心に、ご家庭訪問やSkypeによる学習指導のご依頼を承っております。


「お盆集中特訓」など夏期講習のみのコースも、現在募集中です。



夏期講習コースと9月以降の通常指導を同時にお申込みのみなさまに、
「入会金 無料」「夏期講習コース料金 10%割引」「無料指導 1回分」の特典もご用意しています。



無料相談、無料体験指導も随時行っております。
※お申込みは先着順のため、キャンセル待ちになる場合がございます。
 あらかじめご了承くださいませ。




ご興味を持たれましたら、ホームページをご確認の上、下記までお問い合わせください。


アシスト指導学院では、「ロボットプログラミング講座 2期生」も募集中です。
※ 実施校は、「中国分本校」と「市川曽谷校」です。



ホームページ


フリーダイヤル : 0120-195-060 ( 受付時間 月~日 11:00 ~ 23:00 )
mail : ht@assist-education.net
LINE ID : ht-assist







×

非ログインユーザーとして返信する

あと 2000文字

※は必須項目です。