千葉市のプロ家庭教師 ”大志ブログ”

各教科の勉強法、私の日常、これまで「どう生き」家庭教師になったのか等を綴ります

【中学受験】文系ママさんも必見! 理科 「てこ」②はじめの一歩~定着までのチェックリスト

【中学受験を目指すみなさんへ】


今回のブログは、現在小学6年生で、この夏から中学受験勉強を本格的に始める生徒さんに、私が「実際、どう教えているか」を再現した内容です。


「小学6年生になってから中学受験勉強を始めたい!」というご依頼も家庭教師には多くあります。これまでの私の経験から、みなさまに指導法を公開いたします。


「てこ」を苦手にしている6年生のみなさんや、5年生、先取りしたい4年生のみなさんにもお役に立てたら、幸いです。
学習が進む中で、同じてこの問題でも、どんどん難しくなります。
「ここまではわかるけど、ここからわからない」という弱点発見にご利用いただいても効果があると思います。


また、「いきなり問題集!!」に抵抗のあるみなさんは、ぜひご覧いただき、
「問題集やってみよう!!!」となっていただけたら、本当にうれしいです♪




ごあいさつ遅れましたが、家庭教師の、大志 と申します。よろしくお願いいたします。



指導内容 てこ 


前回のブログ「てこ①」は、こちら ↓
【中学受験】文系ママさんも必見! 理科 「てこ」はじめの一歩~定着までのチェックリスト - 千葉市のプロ家庭教師 ”大志ブログ”


今回も、太さが一様の棒を利用します。棒の重さは、今回も考えません。



□ 「3つのつり合い」問題が解ける


問題2
つり合うためには、□にあてはまる数はいくつになるでしょう?


今回、問題1とちがうのは、左右におもりがひとつずつではなく、左に25g、右に20g【右(1)】と、□g【右(2)】があります。


それでも、できることは、モーメント の計算です。


計算できるところは、左と右(1)です。
左:    20 × 25 = 500
右(1): 10 × 20 = 200

となり、もちろんこれだけではつり合わず、左に傾いて(反時計回りに回転して)しまいます。


つり合うためには、右(2)のモーメントが、300(=500-200)になってほしいのです!!



右(2): 30 × □ = 300
よって、 300 ÷ 30 = 10 となります。



次は、ばねはかり の登場です。



問題3
つり合うためには、□にあてはまる数はいくつになるでしょう?


まずは、考えてみましょう!


最後まで解
けなくても、この問題に対して『今できること』をやるのが、とても大事です!!




まずは、今回ばねはかりは考えず、モーメントが計算できるところをしていきましょう。


左: 10 × 20 = 200
右: 50 × 16 = 800

このままだと、左のモーメントが、600(=800-200)不足しています。


ここで、ばねはかりの登場です!!!
ばねはかりも、支点から離れたところで、今回20gの力でひっぱっています。
おもりと同じように、モーメントの計算ができるのです。


ばねはかりのモーメントは、600 です。
ばねはかりが、左側を助けてあげているのです!!



よって、 
ばねはかり: □ × 20 = 600
600 ÷ 20 = 30cm となります。




みなさん、考えるところが3つになっても、ばねはかりが登場しても、
モーメントの計算が利用できましたね?





次回は、「棒の重さも考える問題」のポイントについて書きます。




本日もブログをご覧いただき、誠にありがとうございました。



この記事がご参考になったみなさま、応援のポチッとお願いいたします!


にほんブログ村 教育ブログ 家庭教師へ
にほんブログ村



ーーーーーーーーーーーー


家庭教師の指導にご興味を持たれたみなさまは、ホームページもご確認の上、下記までお問い合わせください。


お盆集中特訓や、8月末、9月初頭の塾内テスト・組み分けテスト対策も募集中です。


9月・10月にある私立中高一貫校や公立中学校の定期試験対策も実施しております。



無料相談、無料体験指導も随時行っております。



フリーダイヤル : 0120-195-060 ( 受付時間 月~日 11:00 ~ 23:00 )
mail : ht@assist-education.net
LINE ID : ht-assist





×

非ログインユーザーとして返信する

あと 2000文字

※は必須項目です。